Day6から10までの記録。
ついにおしっこができるようになりました〜

◆Day6
 トイレ/おまる 3回(ウンチ少1回、おしっこ少2回)
 おもらし 6回

トイレでおしっこが出る(というか、ポタポタ漏れる)。私はすごくうれしい。
でも、けんぼうが、おしっこが出ている感覚がわかっているのかどうかは疑問。
おしっこの一時ストップはできる様子。さらに自分の意志でジャーと出すのがうまくできないのか、最後のジャーはパンツにおもらしばかり。
しかし、先は見えてきたぞ、もうちょっとだ


◆Day7
 トイレ/おまる 3回(ウンチ1回、おしっこ少2回)
 おもらし 4回

この日は昼食時、外食をしにいった。外出時もパンツなのですが、おもらしせずに帰宅することができました。帰宅後おもらしジャーだったのですが…
ウンチは大変上手にできました。はなまる
おしっこのおもらしはいっぱいためて一気に出す感じ。
これがトイレなら…と思うが、まだまだ、焦らず、気長に。
オムツ生活(たれながし生活)からパンツ生活(ためて出す生活)へシフトできている感じ。


◆Day8
 トイレ/おまる 1回(おしっこ
 おもらし 7回

ついにおしっこをジャーとおまるに出すことに成功
11:30からおまるにちびりちびりポタポタを繰り返し、3時間半経過した15:00についにジャー。
14:00くらいからパンツを脱いだ状態だったのですが、最後は突如自分でおまるに座っておしっこをしたのです。
これには感動して記念撮影してしまいました。

けんぼうは、体の発達としては、おしっこやウンチをしたいと自分でわかる、がまんする、出す、といった能力が備わってきると思われる。
しかし、オムツ生活が長かったせいか、心理面で慣れていない(抵抗がある!?)のではないか。

「パンツにおしっこ・ウンチをしないで、トイレ・おまるでしなさい」というメッセージをハッキリ伝えることと、できるようになるまであきらめずに継続することが大事だと思われる。


◆Day9
 トイレ/おまる 3回(おしっこ
 おもらし 7回

おしっこをおまるで出す感覚がわかったみたいで3回も成功できた。
しかし難点は、もじもじ、ポタポタが始まってから30分くらい経過してようやくジャーと出すということ。
30分間モジモジしながら慌ただしくその辺をぐるぐる回って歌をうたったりして、最後耐えきれなくなったらおまるに座りジャー。

おしっこしたい度が99%、100%になってようやくおまるに座るのです。

だからあらかじめモジモジダンスが始まったときにママがズボンとパンツを脱がせておかなければ間に合わないのです。


◆Day10
 トイレ/おまる 2回(おしっこ
 おもらし 3回

この日はランチタイムに外出。外出先でトイレに座らせたものの「出ない」。
結局外出先で一度おもらししてお着替え、帰宅後すぐにおまるでおしっこ。


【所感】
けんぼうが、おまるやトイレでおしっこをする感覚がわかってきたというのが大きな進歩。
およそ1週間でここまで至ったことに大きな達成感を感じます

現状としては、ママがしっかりけんぼうの様子を見て、おしっこしたそうな時に声をかけたり、ズボンやパンツを脱がせてあげないとなかなか成功しないという状況。
トイレ/おまるの使用率が高まり、定着してくるまで、こうした声かけや手伝いは必要なのかな。


さて、また明日からも頑張ります


 布パンツ(新たに購入した薄手のトレーニングパンツ)生活が5日経過しました。

ノートにトレーニング記録を残しているのですが、こうした記録はとても大事だと思いました。
記録をふりかえってみると、子どものちょっとした変化が読みとれるからです。
その変化は前向きな変化もあれば、後ろ向きなものもあるのですが。
トレーニングを継続していく上でこうした変化をしっかりとらえておくことはママのモチベーション維持向上や、トレーニングのやり方の修正に役立つと思います。


5日間の記録をここにまとめます。


【実施していること】
・薄手のトレーニングパンツをはかせる。(睡眠中はおむつ、外出中はトレパン)
・リビングにおまる、トイレに補助便座を用意。子どもの様子や時間の間隔を見て誘う。
・ママがトイレに行く時も一緒に行こうと誘い、用を足す様子を見せ、その後補助便座に座らせてみる。(無理強いはしない)
・おまるやトイレでおしっこやうんちが出来たらがんばり表にシールを貼る。
・おまるやトイレは嫌がったら無理強いしない。おもらししても決して怒らない。


◆Day1
 おまる成功:0回
 おもらし:4回

おしっこの間隔が4時間半だったり3時間半だったり。どうやら我慢している様子。4時間半空いたときはおもらし寸前、トイレのノブをかちゃかちゃしており、そのままドアの前でおもらし。これには驚き!トイレに行かなくちゃと思ったのかな?


◆Day2
 おまる成功:0回
 おもらし:3回

おしっこの回数が激減。たったの3回!最大で6時間も間隔があく。とても我慢している様子。おもらししたあと自分でパンツを脱いだ。これは初めてのこと。その後、お風呂前も自分でパンツを脱ぎトイレに座る。出なかったが。


◆Day3
 おまる成功:1回(ウンチ)
 おもらし:5回

朝、おまるでウンチをする!夕方から実家に里帰りする。ここでもおまると補助便座という環境を整える。トイレのキャラクターのポスター、カレンダーも自宅と同じように貼る。


◆Day4
 おまる成功:2回(少量おしっこ1回、ウンチ1回)
 おもらし:7回

事後、おしっこ出たと教えてくれるようになった&自分でズボンとパンツを脱いで持ってきてくれた。この日はおしっこの頻度は通常通りになり、おしっこを我慢する様子は無かった。夕方昼寝後おむつが濡れていなかったのでおまるに座らせた。YouTubeなど見せながらそのまま1時間も座っていた。その間におまるにおしっこをほんの少しだけ漏らす。おまるにおしっこが出たのはこれが初めて。その後食事が終わってからおもらし。夜、お風呂前にトイレでうんち成功。
少し「おまる」「トイレ」「パンツ」といったママの言葉に嫌気がさしてきている様子。


◆Day5
 トイレ成功:2回(2回とも少量おしっこ)
 おもらし:8回

朝からおまるを嫌がるようになり、おまる中止。誘うのはトイレだけにした。トイレはそんなに嫌がらない。おまるだと恥ずかしいのかな?
午前中に一度トイレでおしっこがポタポタ程度出た。そして昼頃、お股を押さえてもじもじするので(こんな様子は初めて)トイレに誘うと少量ポタポタ&ピュー。全部は出し切れなかった。午後3時以降、遊びに夢中だったのか、トイレに行くのを嫌がり、そのまま夜まで一向におしっこが出なかった。



【所感】
けんぼうはおそらく、ママが望んでいること、すなわち、“おしっこはトイレでした方がいい、パンツにおもらししないほうがいい”とわかっているのだろうと思います。私は決して「おもらししちゃだめ」なんて話したりはしないのですが、むしろ「がまんしないでいいんだよ。おもらししてもいいんだよ」と伝えているのですが…。
「トイレでおしっこしない=パンツにおもらし=ママが望んでいない」と理解しているのかな?彼は多少なりともストレスを感じており、しばしばおしっこを我慢しがちで、そこが大変心配です。
おしっこを自分の意志で出すことがまだよくわからない様子。ポタポタちびってしまうときも「出ちゃった」と言います。「出した」じゃなくて「出ちゃった」というのがホントのところなのだろうと思います。
ジャーと「出す」感覚や気持ちよさを一度でも体験してもらえるといいなと思うのですが。
気長に待つしかないみたいです。


以上



 けんぼうは2歳8ヶ月になりましたが、まだおむつをしています。
もうそろそろはずれてもいいんじゃないかという気持ちはありましたが、2歳から始めたトイレトレーニング、私の都合で途中でやめたりまた再開したりで、正直うまくいっていませんでした。

夫の助言もあり、本格的にやるぞ!という意欲が高まり、きちんとトイレトレーニングを始めることにしました。

【けんぼうの現在の状況】
・自分でズボンやパンツを脱ぐことができる
・トイレやおまるに興味があり、自分で座りたがるときも多々ある
・自宅ではトイレやおまるでおしっこが出たことがない
・トレーニングパンツをしても、おしっこ・うんちは事後報告のみ

→まずは、おまるにおしっこができるようになって欲しい!というのが私の願い

たまたまAmazonで発見した本を購入し、読んでみました。
以前、ねんねトレーニングですごい効果があった、ジーナ・フォードさんの著書です。
この本を参考に、今日やったこと

・ごほうびシールの紙を用意(ムーニーのサイトからダウンロードした)
・おまるをリビングに置く
・パンツ一丁にする(ほんとは普通の綿パンツが良いらしいがまだ購入していないので布のトレパンで)

けんぼうには、
「おしっこやうんちをしたくなったら、ここのおまるでしようね」
「おまるでおしっこやうんちができたら、シールを貼ろうね」
ということをしっかり伝え、
トレパンを自分ではかせました。

すると!

今日は、自らおまるに座り、うんち成功
バンザーイ

そのままおしっこも出るかな〜としばらく座らせて待っていたけど、5分〜10分くらいしても出ないので一旦パンツをはかせました。

うんちが出来たことをベタ褒めし、好きなシールを貼らせたら大喜び。

その後、食事中に「パンツぬれちゃったよ」と報告。
前回から2時間半くらい経過していたので、けっこう我慢してたみたいです。

要するに、けんぼうはおしっこを我慢する力はけっこう備わってきているようで、そのことが分かったのは今日の収穫のひとつです。

今日はおまるがリビングにあり、パンツ一丁で、座り易い環境にあったせいか、私が声をかければ必ず座ってくれました。
明日からどうなるかな。
引続き、頑張ってみます。


本によると、本当は赤ちゃんが生まれる前後はトレーニングしないようにと書いてあるのですが、ちょうど里帰りのためけんぼうは習っている英語を2ヶ月お休みするし、季節もあたたかくなってきているし、私自身も今ならしっかりけんぼう一人に向き合えると思ったので、思い切って、出来る限り、やりきってみようと思います。
その間に、けんぼうが何回かでも成功体験をしてもられば、その後に後戻りが多少あってもまた再開できるんじゃないかと期待して…。



今日は思い立ってマフィンを作りました。
プレーンマフィンです。
焼きたてマフィンは美味しい〜〜〜!!
表面はサクッ、中はあったかくて香ばしくてフワッ

生地を絞り袋に入れるところや容器に絞るのにちょっと苦戦しましたが、
この美味しさなら、また作ろうと思います。

フルーツやナッツを入れたり、ココアや紅茶の葉を入れたりしても美味しいだろうな〜♪


ちなみに、今日使ったカップはたまたまあった納豆の容器なのですが(苦笑)
オーブンに対応した容器では無かったらしく、カップの外側の表面がちょっと溶けかかっていました。
ちゃんとした紙カップとかアルミカップを使ったほうが良さそうです(汗)




ジャムをつけて食べると最高☆
ブルーベリージャムが一番好きな味。

生クリームをホイップしてつけても良さそう。

食べ過ぎないようにしないとね。

 そろそろ赤ちゃん用品を用意せねばと、ガーゼやタオル、スタイなど長男のベビー用品を確認したところ、ミルクのあとなどで黄ばみやピンクのかびが気になりました。
もう捨ててもいいかなと思ったのですが、いつぞや「煮洗い」という方法が良いと耳にしたことがあったので、やってみることにしました。
ちなみに新生児服は既に大半を捨ててしまっていました。
なので、第二子には生まれたてくらい新しい服を着せてやろうと思います。

さて、煮洗いとは、鍋に湯をわかし、石けんと酸素系漂白剤をとかして弱火で煮ながら衣類を洗うことだそうです。
ご興味ある方は、洗濯王子の記事などネットで検索してご参照ください。

Before
スタイ1。首もとが黄ばんでいます。

スタイ2。こちらは首もとがピンクのカビで変色しています。
もちろん、スタイ1も2も、通常の洗濯は済んでおり、塩素系漂白剤も試したこともあります。

さて、煮洗いに初挑戦!
小物ばかりドバっと鍋に放り込みました。
ちなみに、うちに粉石けんも液体石けんも無かったので、固形石けんを包丁で刻んで入れました。
酸素系漂白剤は「ワイドハイターEX」を使いました。
キッチンで洗濯って新鮮!


After
スタイ1。目立たないくらいに黄ばみが消えています。
よく見ると完全には消えていませんでした。

スタイ2。ピンクのカビはきれいになくなりました。
やや黄ばみが残ったのと、ほんの少しあった黒カビは落ちませんでした。

スタイ1もスタイ2も、赤ちゃんにつけさせても「かわいそうじゃない程度」にキレイになりました。(笑)
「使えないお古」が「使えるお古」になった程度でしょうか。

煮洗いの満足度、80%!
ネットで読んだ事前の評判より、「真っ白!」にはなりませんでした。
さすがに2年経過していると黄ばみもしつこいようです。

今後、下手に塩素系漂白剤など強いケミカルを使うより、通常の洗濯で落ちないなと思ったら、次に煮洗いをやってみるべし、思いました。
ちなみに、煮洗いは綿や麻など丈夫な素材でのみできるそうです。
けっこう生地を痛めるやりかただそうなので、最終手段というふうにとらえると良いそうです。


Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アレルギー改善のためにできること〜食事と治療と生活その1〜
    yukiko
  • アレルギー改善のためにできること〜食事と治療と生活その1〜
    菜々子
  • トイレトレーニング記録その4
    yukiko
  • この作り方いいよ!フレンチトースト
    yukiko
  • この作り方いいよ!フレンチトースト
    なおみどん
  • トイレトレーニング記録その4
    なおみどん
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    yukiko
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    じゅん
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    sora
  • トイレトレーニング記録その4
    yukiko

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM