ここのところブログで息子のアレルギーの話ばかりになりますが…。
本当にここ数ヶ月、日々試行錯誤、奮闘中なのです。

食事がかなり大事であることはわかったのですが、いつも和食で、米と野菜と少量の魚や大豆製品だと飽きてしまい、また気持ちが疲れてきてしまいます。
買い物に、商店街へいくたびいろんな誘惑もあります。
スーパーの商品の陳列をみるたび、お惣菜を目にするたび、飲食店の前を通るたび…
ときどきは中華料理や洋食も食べたい!!
息子も「チャーハン食べたい」とか「ドリア食べたい」とか欲求が出てくるようです。
家での食事を終えても毎日のように「まだ、お腹すいてる〜!」と言ってデザートを要求してきます。(食事に一時間もかかるくせに…)
タンパク質や油は食事に満足感を与えるのでしょうね。
それらが少ないと、もうちょっと欲しいなという気にさせるのでしょう。

そして、あるとき魔がさして「少しくらいいいか…」となり、結局度が過ぎてしまい、息子の体調が悪化してしまうのです。
すなわち、アトピー・じんましん・鼻炎・咳・痰(軽い喘息)・いびき・おねしょといった症状が次々出てくるのです。
そして何日かこうした苦しい症状がつづき、その間小児科医師から処方された治療も行い、
また食事に気を配っていくと、体調は徐々に回復してくるのです。

その繰り返し…

しかし以前と違うのは、なぜこうした症状が出てしまうのか、原因がうすうすわかってきているということです。
そして原因がわかっているからこそ、対処法がわかるということです。

息子がなぜ、こうしたアレルギー症状が出てしまうのか、私が考える原因はとてもシンプルです。

INPUTとOUTPUTのバランスが崩れていること

どういうことかというと、INPUTとは食事です。
OUTPUTとは排泄です。
消化・吸収能力、排泄能力を超える食事が、体に害をもたらします。
能力に応じた食事にすることと、それぞれの能力を高める努力をすることが大事なのです。

・消化・吸収能力を強化するために、腸内環境を整えるような食事をします
・野菜や豆、海藻、きのこ類をきちんととります
・消化しにくいもの、すなわち肉や油脂類を控えます
・砂糖は血糖値の急上昇急降下をもたらし体を疲弊させたり、ビタミン、ミネラルを多く奪うので控えます
・排泄能力を高めるために、運動が大切です
・入浴にもコツがあります
・からだのめぐりをよくするために、血液の流れをよくする食事をしたり、足のマッサージをしたり、適切な水分補給をします

INPUTとOUTPUTのバランスが崩れていると、すなわちINPUT過剰、OUTPUT過少だと、体に老廃物がたまり不調が生じます。
血液が汚れている状態です。
老廃物が、
皮膚から出ようとするとかゆみ、アトピーに
鼻の粘膜から出ようとすると鼻炎に
気管の粘膜から出ようとすると痰に
内蔵の細胞に蓄積するとさまざまな病気に

日常生活において、体質改善のためにできることはたくさんあります。
それを自分自身の努力で行いつつ、医師から指示された治療を行うと、効果が高いと、私は思うのです。

つづきはまた次回

Comment
続き、待ってます。
  • 菜々子
  • 2015/06/26 19:46
菜々子さん、コメントありがとうざいます。
のんびりペースで思い立った時の更新でお待たせしてすみません。
時間をみつけては書き綴っていきたいと思います!
  • yukiko
  • 2015/07/03 16:14





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.salon.mods.jp/trackback/1325520

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アレルギー改善のためにできること〜食事と治療と生活その1〜
    yukiko
  • アレルギー改善のためにできること〜食事と治療と生活その1〜
    菜々子
  • トイレトレーニング記録その4
    yukiko
  • この作り方いいよ!フレンチトースト
    yukiko
  • この作り方いいよ!フレンチトースト
    なおみどん
  • トイレトレーニング記録その4
    なおみどん
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    yukiko
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    じゅん
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    sora
  • トイレトレーニング記録その4
    yukiko

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM