4歳の息子は赤ちゃんのころからいびきをかいていました。
息子は生まれたとき口蓋裂があり、そのころ通っていた形成外科の主治医に「あごが小さめ」と言われていました。
あごが小さいといびきをかきやすいとどこかで聞いたことがあったので、私はいびきのことを子どもが生まれ持った体質なのかと思い、さほど気にしませんでした。

2歳ごろになってから息子は鼻アレルギー(アレルギー性鼻炎)をもっていそうだとわかり、いびきをかくのは鼻が悪いせいかもしれないなと感じるようになりました。


■いびきが悪化して無呼吸症候群に〜耳鼻科で相談する〜

いびきのことが心配になったのは3歳になった冬でした。
その頃、風邪をひいて鼻がとくべつ悪くなり、いびきに加えて無呼吸が始まってしまったのです。
寝ているあいだ、何秒も呼吸が止まってしまうのです。
しばらくして苦しそうに、「がーー」といびきをたてながら呼吸が再開されるのですが、隣で寝ている私や夫は心配で心配で、気になって眠れなくなるほどでした。

かかりつけの小児科や耳鼻科で相談すると、まず口のなかをみて、「扁桃腺は大きくはないね」とのこと。
そして、「アデノイドが大きいのかもね」とのこと。(小児科でも耳鼻科でも同じことを指摘されました)


■アデノイド!?

アデノイドとは鼻の奥の見えないところにあるリンパ組織のあつまりで、「咽頭扁桃」というそうです。
ちなみに口をあけてのどにみえる、いわゆる扁桃腺は「口蓋扁桃」というそうです。

アデノイドが大きいってどういうこと!?
こちらのページで確認しましたところ、
  • アデノイドが大きくなるのは子ども(3〜6歳)特有の症状で、原因ははっきりしない。
  • アデノイドはリンパ系の組織であり、免疫に関係していると考えられ、炎症を繰り返すことでより大きくなる傾向はある。
  • アデノイドが大きくなることで、鼻づまり、鼻声、口呼吸、いびきがおき、ひどいときには睡眠時無呼吸症候群がおこる。
  • 睡眠が浅くなることで、夜驚症(やきょうしょう)や夜尿症(やにょうしょう/おねしょ)の原因になる。
息子の症状にたいへんよく当てはまっています。

耳鼻科の先生は、いびきを改善するために「アレルギー性鼻炎はしっかり治療しておいたほうがいいですよ」とおっしゃっていました。
また、いびきの治療については「日中ぼーっとしていることが多いとか、日常生活に支障が出てくるようなら手術を考えたほうがよいが、それほどでもない場合は、様子をみることになる」とのこと。

結局、様子を見るという結論で、その日は帰宅しました。
(当時アレルギー性鼻炎の治療は小児科で薬を処方され、それをしばらく服用していました)

その後いびきは治りませんでしたが、風邪からの回復とともに無呼吸はなくなりました。


■鼻炎の症状をスッキリさせたい!

アレルギー性鼻炎の治療をしっかりしておくと言われても、いつまでも薬を服用しつづけるのはおかしいと感じるようになりました。
薬を服用しつづけても、鼻炎がなかなかスッキリよくならないのです。
そこでまずは小児科で3歳時にアレルギーの検査をうけることにしました。
すると「ハウスダスト・ダニアレルギー(クラス4)」という判定。
小児科医からは、「なるべくカーペットやたたみを避けることや、ほこりのかぶりやすい置物は置かないようにするとか、布団の手入れをより一層気をつけてみてください」などとアドバイスを受けました。

テレビやインターネットで話題になった布団専用掃除機「レイコップ」もさっそく購入。
ほぼ毎日レイコップで布団を掃除するようになりました。
しかし、いびきや鼻炎はスッキリなくなりませんでした。

以前の記事にも書きました→レイコップの効果にに不満〜新しい掃除機を買うまで。(ハウスダスト・ダニアレルギー対策としてどんな掃除機がいいか)


■いびきをかかなくなった!〜どんな対策が有効だったか〜

そして最近になり、ある対策を実行したら、息子はいびきをかかなくなったのです!
いびきがなくなったどころか、寝息がとても静かになり、寝ているのがわからないくらいになったのです!

我が家でどんな対策を行い、子どものいびきを解消させたのか、ご紹介したいと思います。
 

1.寝具の手入れ

まずはハウスダスト・ダニ対策として、寝具の手入れを正しく効果的におこないました。
寝具の正しい手入れのしかた、効果的なやりかたを意外と知らない方が多いのではと思いますので参考にしてください。

(1)布団を干す
ダニは50℃以上の場所に20分以上いると死ぬと言われています。
普通に天日干ししたくらいでは表面温度は50℃にはなりませんが、黒い布団干しカバーを使えばかなり熱くなるので効果的です。
また途中で必ず裏返しましょう。

布団を叩いてはいけません。
叩くことでダニの死骸が細かくなりアレルゲンをより増やすことにつながるそうです。
(ダニそのものよりもダニの死骸と糞がアレルギーを引き起こします)
 
布団干しカバーの表面をさっと払ってからとりこみます。

(2)カバー類を洗濯する
布団を干している間に洗濯すると良いですよ。
うちでは乾燥機もかけて干す手間を省いています。

(3)布団に掃除機をかける
掃除機がけは必ず行って下さい。干しただけではアレルゲンとなるダニの死骸や糞はとりのぞけません。
布団を干すことはダニを完全に死滅させることというよりも、布団を乾燥させることが目的と考えて下さい。(高温で死滅するダニがいてくれたらラッキーくらいに考える、それくらいダニはしつこい)
乾燥させることで、ダニが生育しにくい状態にするだけでなく、ダニの死骸や糞などのホコリを掃除機で吸い取りやすくすることができるのです。

うちでは日立の掃除機に電動ふとん吸い口を使っています。
強力な吸引力とたたき効果で効率良く布団の中のホコリを吸い取ってくれます。
 
掃除機については以前の記事も参考にしてください→レイコップの効果にに不満〜新しい掃除機を買うまで。(ハウスダスト・ダニアレルギー対策としてどんな掃除機がいいか)

寝具の手入れは週に一度くらい、天気の良い日に行っています。


2.防ダニ便利アイテムを投入

(1)防ダニシーツを使う(いびきがなくなった決定打はこれです!)
マイクロシルスターというテイジンの製品を使っています。
防ダニシーツは旅行や帰省のときにも持っていけるので、手軽で便利なアイテムです。
サラサラとした表面で肌触りは快適です。

(2)ダニとりシートを使う
生きているダニをおびきよせて捕獲するそうです。
目に見えないので効果は定かではないのですが、いちおう毎晩布団の下に敷いています。


3.部屋の掃除

子どもが多くの時間を過ごすリビングと寝室の掃除もできるかぎり毎日行っています。
床だけでなく、棚の上、机の上、おもちゃやぬいぐるみなどの掃除機がけも大切です。


4.食事改善(実は、これが一番重要だと私は思っています)

また、最近のことですが、「アトピー克服実践マニュアル」を実践しています。

以前の記事→「アトピーなんか飛んでいけ!アトピー克服実践マニュアル」を実践

すなわち、食事改善です。
この食事改善はアトピー克服だけでなく鼻炎やぜんそくなどさまざまな体の不調を改善することにもつながるそうです。
息子の場合、「タンパク質の過剰摂取」がアトピーや鼻炎の原因だそうで、さっそく本のとおり食事内容を改めました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家で行っている対策は以上の4点ですが、
1〜3にあるとおり、ハウスダスト・ダニ対策(寝具の手入れ、部屋の掃除)を徹底していびきがなくなりました。
さらに4にあるとおり、食事改善をして鼻炎がかなり良くなり、寝息がとても静かになりました。

1〜3の対策はいってみれば、アレルギー体質の子が鼻炎症状を引き起こさないためにできること。
4はアレルギー体質そのものを改善していくこと、つまり根本解決につながることだと私は考えています。

子どものいびきを治すために、食事改善!?
お医者さんにかかってもそんなことを言うひとはいないでしょう。(肥満が原因の場合を除く)

子どものさまざまな気になる症状…息子の場合は、鼻炎、鼻声、口呼吸、いびき、アトピー、喘息、朝起きたときぼーっとする、おねしょ、虫歯になりやすいなどなどありますが、実は主たる原因はひとつ(食生活)だったのだと思います。

息子の場合ですが、(以下推測)

「タンパク質の過剰摂取」→「鼻炎」→「アデノイド肥大」→「鼻声、口呼吸、いびき」

「タンパク質の過剰摂取」→「アトピー」→「夜中かゆがる」→「眠りが浅い」

「いびき、夜中かゆがる」→「眠りが浅い」→「おねしょ、朝起きたときぼーっとする」

「タンパク質の過剰摂取」→「尿量増加」→「おねしょ」

「口呼吸」→「虫歯になりやすい」

と、こんなふうにつながっていると私は考えています。

食事改善をすすめる「アトピーなんか飛んでいけ!アトピー克服実践マニュアル」を読むと、栄養素の過剰摂取がどのように体に悪影響をあたえるのか、詳しく書かれています。
ホームページにも書かれてありますのでご参考ください。
アトピーなんか飛んでいけ!の会


追記(2014/11/26)

その後の鼻炎やいびきの悩みと改善結果について記事を書きましたのでこちらもご覧ください。
食事改善を始めて2ヶ月。アトピーと鼻炎の状態は…

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.salon.mods.jp/trackback/1325516

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アレルギー改善のためにできること〜食事と治療と生活その1〜
    yukiko
  • アレルギー改善のためにできること〜食事と治療と生活その1〜
    菜々子
  • トイレトレーニング記録その4
    yukiko
  • この作り方いいよ!フレンチトースト
    yukiko
  • この作り方いいよ!フレンチトースト
    なおみどん
  • トイレトレーニング記録その4
    なおみどん
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    yukiko
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    じゅん
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    sora
  • トイレトレーニング記録その4
    yukiko

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM