うちの長男はハウスダストとダニのアレルギーを持っています。
3歳のとき小児科で血液検査をしてもらったら、クラス4の判定。
わりと程度がひどい方だそうで、他にも犬のアレルギーがクラス1でした。

そんな息子を連れての旅行では、どんな対策をしていくのか、我が家の場合を記します。
まず、抗アレルギー薬の服用。
これは必須です。

実家でも旅館でも、思わぬところにアレルゲンがあって、子どもってそういうところに限ってはしゃいで転げ回ったり顔を押し付けたり手で触ったりその手で目をこすったり「やめて〜」っていうようなことをよくします。

床掃除はしておいてもらっても、なかなか手が回っていないところってけっこうあるもので、車の中とかクッション、座布団とかありとあらゆるところにダニは潜んでいます。

だからうちでは思わぬところで症状が出る前に先手を打ってお薬を服用しておくことにしています。

肝心のお布団対策に、防ダニシーツを持って行くことも重要です。

レイコップに限界を感じた我が家では、ちょっとお値段張りますが、防ダニシーツを購入しました。
これが効果テキメンで、鼻水どころか、息子のいびきがピタリと治まったのです。
赤ちゃんのころからいびきをかいていて、これは体質かと半ば諦めていたところだったので本当に驚きでした。
防ダニシーツの良いところは、旅行のときにアレルギー対策として持っていけることです。

田舎の古民家に泊まったときも、薬の服用と防ダニシーツでなんとか無事、息子がほとんど症状を出すことなく旅を終えることができました。

お薬の服用については、うちの子が本当にすんなり薬を飲んでくれる子だということと、眠気などの副作用があまり出ていなさそうだということがあり、有効な対策だと言えるのだと思います。

かかりつけの医師に相談することが大事ですのでお気をつけ下さい。

ちなみにお布団対策にレイコップを持って行ったこともあるのですが、うちの場合はレイコップでは不十分で、掃除機がけの労苦のわりにアレルギーの症状が抑えられないので、旅行の際は上記の通り、お薬とシーツの2点の対策にしています。

掃除機についてはまた改めて記事を書きたいと思います。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.salon.mods.jp/trackback/1325510

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • アレルギー改善のためにできること〜食事と治療と生活その1〜
    yukiko
  • アレルギー改善のためにできること〜食事と治療と生活その1〜
    菜々子
  • トイレトレーニング記録その4
    yukiko
  • この作り方いいよ!フレンチトースト
    yukiko
  • この作り方いいよ!フレンチトースト
    なおみどん
  • トイレトレーニング記録その4
    なおみどん
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    yukiko
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    じゅん
  • 2人目出産から1ヶ月 乳腺炎と桶谷式マッサージ
    sora
  • トイレトレーニング記録その4
    yukiko

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM